冬の小鳥 A Brand New Life

映画館情報

大好きな父に捨てられ孤児となった、9歳のジニ。 絶望にたった一人で向き合い、やがて新しい人生を歩みだす、 ひとりの少女の孤独な魂の旅―。 70年代の韓国を舞台に、俊英ウニー・ルコント監督が綴る珠玉の感動作。
by fuyunokotori
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  猛暑日!
群馬県、伊勢崎市で38℃を記録!!
高熱の人たちと相撲をとっているのと同じってことですよね。


連休明けの火曜日、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
まだまだ力士声の宣伝うーまん1号です。


今日は、先日『冬の小鳥』をご覧頂いた
あるタイアップ先の方々と打ち合わせに行ってきました。


会社から歩いていける距離だったので、
健康的に徒歩で向かいましたが、溶けるような暑さに
逆に不健康なんではないかと思った次第。


15分ほど歩いて到着。
汗だくの私に、先方から差し出されたのはなんと団扇

クーラーのきいた部屋でしたが、
この心遣いがなんとも嬉しかったです。


『冬の小鳥』は1975年の韓国が舞台。
季節はもちろん“”なので団扇は出てきませんが、
綿のはいったズボンや、とっくり(あえてこう呼ぶ)のセーターなど
どこか日本の昭和を思い出させて、懐かしさ満載です。


団扇でパタパタやりながら、そんな時代にタイムトリップしたのでした。
[PR]
# by fuyunokotori | 2010-07-20 20:59 | 宣伝うーまん奮闘記
  はじめましてのご挨拶
「冬の小鳥」公式ブログに
ようこそおいでくださいました!

はじめまして。宣伝うーまん1号でございます!

連休前の金曜日。みなさまはいかがお過ごしでしょうか。

私はというと、夏風邪をこじらせ、喉の炎症により
昨日・今日とまっっったく声が出なくなってしまいました。

頑張って声を出そうとすると、
「ごっつあんです!」
と言いそうな力士っぽい声になります。


本当は、まるで小鳥のさえずりのような
可愛らしい声の持ち主ですので、そこんとこヨロシク。


大体こんな感じで、ほのかにうっとうしい人・宣伝うーまん1号の私ですが、
今後ドシドシこのブログにて
「冬の小鳥」宣伝日記をつけていきたいと思いますので
お付き合いのほど、宜しくお願いいたします!
[PR]
# by fuyunokotori | 2010-07-16 12:53 | 宣伝うーまん奮闘記
  『冬の小鳥』ホームページOPEN
10/9(土)より、岩波ホールにて公開になります
『冬の小鳥』の公式サイトがOPEN

最新情報はこちらのページにて随時ご紹介します!
[PR]
# by fuyunokotori | 2010-07-09 19:10