冬の小鳥 A Brand New Life

映画館情報

大好きな父に捨てられ孤児となった、9歳のジニ。 絶望にたった一人で向き合い、やがて新しい人生を歩みだす、 ひとりの少女の孤独な魂の旅―。 70年代の韓国を舞台に、俊英ウニー・ルコント監督が綴る珠玉の感動作。
by fuyunokotori
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
福岡 トークイベント実施決定!
at 2010-12-07 20:55
名古屋、大阪&神戸
at 2010-10-23 16:28
いよいよっ!!!!
at 2010-10-08 20:27
一般試写会!
at 2010-09-27 19:55
日経WOMANで
at 2010-09-22 20:08
カテゴリ
全体
最新情報
宣伝うーまん奮闘記
未分類
以前の記事
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
  カテゴリ:最新情報( 5 )
  福岡 トークイベント実施決定!
「冬の小鳥」は、大好評のうちに、岩波ホールでの上映が終了しました。
現在、全国各地での上映が続いています。

今週末12月11日(土)からは、福岡 KBCシネマでの公開がスタート
急遽、下記の豪華トークイベントの実施が決定しました!!!
この機会をお見逃しなく!お誘いあわせの上、足をお運び下さい。

 070.gifトークイベント071.gif
 映画評論家・寺脇研氏×監督 澤井新一郎氏×脚本家 荒井晴彦氏 
 ■日時:12月12日(日)
     12:20-14:00 「冬の小鳥」本編上映
     14:05-15:00 講演【「冬の小鳥」から「海炭市叙景」】
 
  ※当日、「冬の小鳥」の午前の回はありません。是非この回にご来場下さい。
  ※通常料金でご覧いただけます。


 ■講師略歴
 □寺脇 研 氏 (映画評論家、京都造形芸術大学教授):
1952年福岡市生まれ。高校時代から「キネマ旬報」に映画評を投稿、大学卒業後に映画評論家となる。 一方で文部科学省に勤務。文化庁文化部長などをつとめる。現在、荒井晴彦編集長の「映画芸術」を助け、そこを中心に活動。著書「映画を追いかけて」「映画を見つめて」「映画に恋して」 (以上、弘文出版) 「韓国映画ベスト100」(朝日新書)などがある。

 □澤井 信一郎 氏 (映画監督):
1938年生まれ。東映入社後、マキノ雅裕に師事。脚本・助監督を務めた「トラック野郎」は、東映の看板となった。81年、「野菊の墓」で監督デビュー、「Wの悲劇」(84)、「早春物語」(85)で日本映画監督協会新人賞を受賞。その他、「わが愛の譜 滝廉太郎物語」(93)、「蒼き狼 地果て海尽きるまで」(07)等多数。

 □荒井 晴彦 氏 (脚本家、映画監督):
1947年生まれ。季刊誌『映画芸術』発行人、編集長。脚本を手掛けた作品は、「探偵物語」(83)、「Wの悲劇」(84)、「眠らない街 新宿鮫」(93)、「KT」(02)、「ヴァイブレータ」(03)等多数。
[PR]
by fuyunokotori | 2010-12-07 20:55 | 最新情報
  名古屋、大阪&神戸

冬の小鳥は、名古屋、大阪&神戸の上映がスタートしました!!!

名古屋:名演小劇場 
    10月23日(土)〜29日(金)の上映時間(30日以降は時間未定)
    9:50、11:40、13:30、15:20、17:10

大阪:梅田ガーデンシネマ 
    10月23日(土)~11月5日(金) の上映時間(11月26日以降は時間未定)
    12:45 、14:40、16:35、18:40

神戸:シネ・リーブル神戸
    10月23日(土)〜29日(金)の上映時間(30日以降は時間未定)
    10:10、14:20、18:30
[PR]
by fuyunokotori | 2010-10-23 16:28 | 最新情報
  いよいよっ!!!!

明日

10月9日(土)より、東京 岩波ホールでの公開がスタートします。


続いて、全国の映画館で順次公開となりますので、お近くの劇場へぜひ足をお運び下さい。

<劇場情報はこちら


新聞等で、絶賛評が相次いで掲載されています。
070.gif071.gif070.gif

そして、キネマ旬報(10月下旬号)のシネマREVIEWでは、
なんと、映画批評家の選者全員が 満点★★★★!!!!!!!


          「ひとつの旅を終えて飛び立っていく彼女のまっすぐな瞳の強さは、この映画の強さ」
d0179295_20251978.jpg




比類無い一作です。ご期待ください!!!
[PR]
by fuyunokotori | 2010-10-08 20:27 | 最新情報
  一般試写会!
先週末、「冬の小鳥」の一般試写会が行われました。
ご来場いただいた皆さま、誠に有難うございました。

昨年の東京国際映画祭での評判から、期待も大きかったようで、
(映画祭では、「旅人」のタイトルで上映されていました)、続々と、
熱いご感想が届いています。


特に、、、、

主人公ジニが、ラストに見せる表情へのコメントがとても多く、
皆様の記憶に残ったのだなぁと。

本当に、素晴らしいラストシーン028.gifなんですよ。

10月9日より岩波ホールでの上映がスタートします。

ぜひ、劇場で感動のラストをご堪能ください。
[PR]
by fuyunokotori | 2010-09-27 19:55 | 最新情報
  日経WOMANで
現在、店頭に並んでいる
柴咲コウさんが表紙の、日経WOMAN 10月号

中野翠さんの<ときめきMOVIE>で
「冬の小鳥」が紹介されています!!!

そこで触れられている、この映画の名シーン。。。

~~施設ではお姉さん格で脚の悪いイェシンが失恋自殺に失敗し、少女たちの前で反省の弁を述べる場面。深刻に語っていたのに途中でプッと噴き出してしまう。それにつられて少女たちも笑い出す。
深刻もどん詰まりまでゆくと笑ってしまう。そして、その笑いが新たな出発点となる。~~


そして、子どもたちが歌う「故郷の春」には、涙・涙です。

公開まで、あと17日

いち早く劇場で、感動を味わっていただきたいです。
[PR]
by fuyunokotori | 2010-09-22 20:08 | 最新情報